職人のパートナー 有限会社 ヤスイ機工
取り扱い品目
中古木工機械 
中古産業機械 
輸入機械
木工機械 
製材機械 
樹脂切断・加工機械 
アルミ切断・加工機械 
電動工具 
充電工具 
エアー工具 
木工機械用 刃物 
集塵機 
焼却炉
ウッドボイラー
冷暖房 空調 機器
新着情報
ご利用案内
会社案内
古物商許可証

長野県公安委員会
第481230800013号
平成20年6月6日交付

カナダ西海岸木工留学記

小型バグフィルターかんな屑フレコン袋取り

屋内設置用小型バグフィルターは屑取りにビニール袋が一般ですがかんな屑の場合すぐにいっぱいになってしまうため市販のフレコン袋取りに出来るよう改造を行いました。

img_5413.jpg

img_5415.jpg

のこ屑、サンダー屑だとビニール袋が取り扱い良いですがモルダー屑は数本加工ですぐにいっぱいになってしまいます。

img_5796.jpg

フレコン袋取り付け高が必要なので脚を延長してかさ上げします。下に入れるパレット高さ分も確保します。

img_5850.jpg

袋がいっぱいになったことを作業者に知らせるためにセンサーを取り付けます。量の微調整は木の板を取り付け対応しました。

img_5851.jpg

フレコン袋は使いまわしが利くのでコストパフォーマンスにも優れてます。そのまま焼却炉、畜産家さんまでもっていくこともできます。

img_5852.jpg

袋がいっぱいになったら、加工機の横についてるパトライトで目の前の作業者に知らせます。

img_5860.jpg

転倒防止の対策は抜かりなく‼

井上電設小型バグフィルター納入 集塵配管工事

メイン集塵機の能力不足を補うために中間に小型バグフィルターを設置しました。

img_5476.JPG

img_5480.JPG

img_5479.JPG

DAITO焼却炉 炉の交換

水冷式自動投入式焼却炉の炉の交換工事を行ないました。16年間ほぼ毎日稼働しており炉本体のみ痛んできたので使用できる煙突、サイクロンはそのまま引き続き使用します。
1日目まずは旧炉の撤去です。
img_5648.JPG

無事撤去完了 関東地方に大型台風が来ていて時折強風が吹くので炉との連結をなくして不安定な煙突部分が倒れないか冷や冷やです。倒れ防止にアンカーとワイヤーで引っ張り対策しますが今晩台風の進路が変わってこちらに来ないのを祈るばかりです。
img_5652.JPG

翌日台風一過の晴天のもと新しい炉も無事届いて設置完了。
img_5656.JPG

あとはお盆あけの稼動を待つばかりです。

img_5692.JPG

お盆明け仕事の稼働に合わせて焼却炉も稼働開始です
img_5804.JPG

エーテーオーウッドボイラ納入

人気のエーテーオーウッドボイラを納入から煙突工事まで行いました。
今回ご自宅の水回りのリフォームに合わせてお風呂の給湯を灯油ボイラーと薪ボイラーのハイブリッドでご使用出来るようご提案させていただきました。
img_5776.jpg

2階建ての屋根上に煙突が届くよう、煙突長延長、煙突掃除が簡単に出来るよう掃除用口の付いた十字曲がりを利用します。

img_5778.jpg

エーテーオーウッドボイラは今年の夏メーカー希望小売価格値上がりしましたが、原油価格も高騰してる中灯油、電気、ガスを使わないでお湯を作れるエコなウッドボイラの需要は今後も伸びるのではないかと思います。当社では在庫を持つことにより、低価格にて万全の短納期出荷体制をとっておりますので是非ご用命のほどお待ちしております。

エーテーオーウッドボイラー展示、実演見学できます。

cimg9980.JPG 

燃料は木屑、パレット廃材、生ごみ、丸太など。釘の付いたパレットは燃焼後、マグネットで拾います。   

cimg0051.JPG                                                                    

シロアリにやられた枕木も燃料にします。  

cimg0057.JPG

近所のりんご農家からきたりんごの選定枝  

cimg0052.JPG                                                               

マッチなどで着火します。着火時付属の送風機で風を送ると燃えが良くなります。燃え始めたらタイマーで送風を止めます

cimg0066.JPG                                                                

着火時は多少煙が出ますが、

cimg0063.JPG 

しばらくすると煙も止まります。

cimg0076.JPG                                    

燃焼が始まったらタイマーで送風時間をセットし、投入ふたも閉めます。投入ふたの隙間から酸素を取り入れます。ノブボルトの開け閉めで隙間の広がりを調整し、酸素量をコントロールします。 

cimg0010.JPG                                                                

おきの状態でじわじわ燃焼させるのが燃費節約のこつです。丸太などなるべく大きなものを燃焼させれば1日朝と夕方の2回ほどの燃料投入で十分です。(家庭での床暖房、給湯の場合) 

cimg9992.JPG                                                                 

薪の燃焼でお湯をつくり、水道水を熱交換器を通して給湯、シャワー利用したり、床暖房用に不凍液を循環します。

  cimg9996.JPG                                                                          

お湯の温度は最高100度近くまで上がります。その際熱交換器を通して出てくるお湯の温度は90度くらいになり火傷しますのでミキシングバルブでお湯の温度をコントロールします。(30度から80度にコントロールできます) バイパスでお湯の取り出し口があると便利です 

cimg9978.JPG  

ウッドボイラから出たお湯を灯油ボイラ、ガスボイラに接続すれば万が一薪がなくウッドボイラが利用できない場合もお湯切れの心配がありません。またウッドボイラから出たお湯の温度が低くても再燃焼で湯温をあげることもできます。

ue.jpg

循環ポンプを利用し、暖めた不凍液を室内に循環し床暖房に利用することもできます。

cimg9976.JPG

床暖房の温度はコントローラーでコントロールできます。

cimg9994.JPG

cimg9997.JPG

 | ホーム |