職人のパートナー 有限会社 ヤスイ機工
取り扱い品目
中古木工機械 
輸入機械
木工機械 
製材機械 
樹脂切断・加工機械 
アルミ切断・加工機械 
電動工具 
充電工具 
エアー工具 
チェンソー 
木工機械用 刃物 
集塵機 
焼却炉
ウッドボイラー
冷暖房 空調 機器
新着情報
ご利用案内
会社案内
古物商許可証

長野県公安委員会
第481230800013号
平成20年6月6日交付

カナダ西海岸木工留学記

エーテーオーウッドボイラー展示、実演見学できます。

cimg9980.JPG 

燃料は木屑、パレット廃材、生ごみ、丸太など。釘の付いたパレットは燃焼後、マグネットで拾います。   

cimg0051.JPG                                                                    

シロアリにやられた枕木も燃料にします。  

cimg0057.JPG

近所のりんご農家からきたりんごの選定枝  

cimg0052.JPG                                                               

マッチなどで着火します。着火時付属の送風機で風を送ると燃えが良くなります。燃え始めたらタイマーで送風を止めます

cimg0066.JPG                                                                

着火時は多少煙が出ますが、

cimg0063.JPG 

しばらくすると煙も止まります。

cimg0076.JPG                                    

燃焼が始まったらタイマーで送風時間をセットし、投入ふたも閉めます。投入ふたの隙間から酸素を取り入れます。ノブボルトの開け閉めで隙間の広がりを調整し、酸素量をコントロールします。 

cimg0010.JPG                                                                

おきの状態でじわじわ燃焼させるのが燃費節約のこつです。丸太などなるべく大きなものを燃焼させれば1日朝と夕方の2回ほどの燃料投入で十分です。(家庭での床暖房、給湯の場合) 

cimg9992.JPG                                                                 

薪の燃焼でお湯をつくり、水道水を熱交換器を通して給湯、シャワー利用したり、床暖房用に不凍液を循環します。

  cimg9996.JPG                                                                          

お湯の温度は最高100度近くまで上がります。その際熱交換器を通して出てくるお湯の温度は90度くらいになり火傷しますのでミキシングバルブでお湯の温度をコントロールします。(30度から80度にコントロールできます) バイパスでお湯の取り出し口があると便利です 

cimg9978.JPG  

ウッドボイラから出たお湯を灯油ボイラ、ガスボイラに接続すれば万が一薪がなくウッドボイラが利用できない場合もお湯切れの心配がありません。またウッドボイラから出たお湯の温度が低くても再燃焼で湯温をあげることもできます。

ue.jpg

循環ポンプを利用し、暖めた不凍液を室内に循環し床暖房に利用することもできます。

cimg9976.JPG

床暖房の温度はコントローラーでコントロールできます。

cimg9994.JPG

cimg9997.JPG

ウッドボイラーハウス暖房へ導入 事例

ハウス暖房にかかる光熱費に頭を悩ませてる事業所は少なくないと思いますが、当社で取り扱ってるエーテーオー製のウッドボイラはハウス暖房にも対応してます。

熱源は薪なので環境にも優しくローコストで暖房できます。

ウッドボイラー+温風機、ウッドボイラー+配管などで暖房できますがここではお湯の垂れ流しでハウス内の暖房をしてます。この方法ですとお湯は垂れ流しなので暖房の他、畜舎のお湯供給にも利用できます。ただしお湯は最高90℃近く上がりますので火傷防止のためミキシングバルブを設け冷水と混合させちょうど良い温度に下げ利用します。

image4.jpg

ハウスの横に設置します。
ちょろちょろ燃やしてますが煙もほとんど出てません。

image5.jpg

コツはちょろちょろと火を燃やし燃料を長持ちさせることです。(写真では投入蓋全開ですが、わずかな隙間を残し蓋を倒し、燃焼時に必要な空気量を調整しながら燃やすのがベストです。空気量の調整は蓋についてるノブボルトでシンプルに調整できます。)
ウッドボイラーの貯湯部にある熱交換器を通って温まったお湯をハウス内に回したり、または不凍液を循環ポンプでハウス内に回します。

image6.jpg

地下水をウッドボイラーの貯湯に利用してます。水の温度は約10℃です。

image7.jpg

ただいまウッドボイラー貯湯部温度は約46℃です

image8.jpg

熱交換器を通った10℃の水は約32℃のお湯になって出てきます。

image9.jpg

お湯は水道圧で出てきますのでこのように散水しながらハウス暖房することができます。また湿気も出ますのでハウス内の加湿にも有効です。

自動かんな盤(CX632R)の調整

自動かんな盤は調整が必要な機械です。長年使用しておりますと機械のバランスが崩れ上手に削れなくなる場合がありますので調整方法を自分で知っておくと便利です。

また調整をする際には各部がスムーズに動くことが必要なのと切削くずがスムーズに動かない原因もよくありますので各部しっかりとエアーブローし潤滑スプレーをしてから調整に入ってください。

eoaaoouyiye-2.JPG 自動カンナ盤の主要調整箇所です。全てが条件に合致してないと上手に削れません。

 sx633eoaaaiaaethe.JPGテーブル高さとテーブル下部ローラーの左右バランスも精密に調整します。

ooacodh.JPGooaia.JPG機械の性能にもよりますが調整が行えておればこのような薄い巾広の広葉樹板でも材前後のスナイプもなく上手に削れます。後加工のサンディングや鉋の手間が省けます。

調整マニュアル(PDF)と動画を当社ホームページ上で見ることが出来ます。

こちら→ http://www.yasui-k.com/index.php?main_page=product_info&cPath=1_33_104&products_id=402

 | ホーム |